郵便局で切手の買取はしてくれるのかどうか調べてみました。

ヘッダー背景

◎ 郵便局で切手の買取はしてくれるか?

以前、書き損じのハガキやあまった年賀状などを郵便局で買取?してもらえるというようなことを聞いたことがありました。

また、記念切手はもともと郵便局で販売しているものなので、未使用ならば、郵便局で買取をしてくれるだろうと思い、郵便局に問い合わせてみました。

結論から先に言えば、郵便局ではそうした買取りはしていないということでした。

ただし、他の取扱商品と「交換」ならしてくれるということでした。

どういうことかと言いますと、こちらが持ち込む切手の額面の金額を合計したものを郵便局で扱っている他の商品、通常切手、ハガキ、封筒などに交換してくれるということです。

ここで注意しなければならないのは、持ち込んだ切手の額面の満額を交換してくれるというわけではなく、交換手数料として、切手1枚につき5円を引かれるという点です。

例えば、記載されている額面が10円の切手を10枚持ち込んで交換してもらう場合、額面の合計は100円ですが、そこから手数料として5円×10枚=50円が差し引かれた残り50円分の商品と交換してくれるというわけです。

この場合、額面が10円であろうが100円であろうが関係なく、10円以上であれば、一律に5円/枚の手数料がかかります。

10円以上と書きましたが、10円未満の場合は、その額面の合計の半額が手数料として引かれるということです。

そして、計算した結果、○円○銭など端数が出てしまった場合は、銭の位は切り捨てられるということです。

つまり、3円切手1枚の場合、その半分は1.5円ということになり、交換できる額は1円となります。

額面満額の買取を期待していたのですが、どうやら買取してもらい現金に換えるという点では郵便局は期待できないようです。

ただ、10円以上の切手の場合、額面にかかわりなく一律に5円ですので、例えば20円切手の場合ですと15円の交換価値があるということになります。

あとで知ったことですが、例えば金券ショップなどで切手を買取をしてもらう場合、大体額面の50~60%での買取になりますので、それと同等かそれ以上の価値を維持できるという点では郵便局での交換という手段もありなのではないかと思います。

仕事や商売で普通切手、ハガキ、封筒などを比較的大量に使用する機会が多いというような場合は、考えようによっては郵便局で交換してもらう方がお得と言えるかもしれません。

ちなみに、郵便局で交換してもらう際には、郵送などは受け付けてもらえず、必ず最寄りの郵便局の窓口での受付となるようです。

郵便局によっては深夜受取窓口などもありますが、そうした窓口ではだめで、通常営業時間内でしか受け付けてもらえないようなので、注意が必要です。